小 熊 座 2024/7    №470 当月佳作抄
TOPへ戻る  INDEXへ戻る



     2024/7   №470   当月佳作抄

                             ムツオ推薦


    浮島の浮を忘れし春のくれ            渡辺誠一郎

    テレビ消し暗黒面の青葉騒            増田 陽一

    年寄りに限界はなし新樹光            山田 桃晃

    いくたびも捨田に通ふ夏燕             平山 北舟

    陽炎の己が重心さがしつつ            久保 羯鼓

    最も遠い姿に化身した蛇か            佐川 盟子

    夏の星死んでも会へぬ人のゐて          関根 かな

    今日からは死者棲む家や鉄線花         春日 石疼

    うらわかき棘こそよけれ梅雨きざす        川口 真理

    しやうもない国とはいへど姫女菀          瀨古 篤丸

    スカートの裾たくし上げ夏に入る          千葉 和珠

    人は皆生ゴミとなり梅雨に入る           岡本 行人

    田水引く銀河の下流域域の村            龍  太一

    父は海市母は陽炎わが伝記             武良 竜彦

    寒暖異変ひこばえは如何生きる           水戸 勇喜

    わが闇のどこ破れしか黒揚羽            布田三保子

    映さねば見えぬ我が顔生ビール           伊藤 浩子

    何となく胸乳に触れて散る牡丹            佐藤 和子

    夏蝶のおしゃべり仏陀お見えらしい         中村すじこ

    紅テント黒南風に立ち滔滔と             川名まこと

    億年の五月雨染みている化石            木村 菜智

    ハンカチの木の花産着の水通し           檜野美果子

    手鏡になだれこみたる祭かな             羊   洵





パソコン上表記出来ない文字は書き換えています
  copyright(C) kogumaza All rights reserved