小 熊 座 2017  高野ムツオ  (小熊座掲載中)
TOPへ戻る  INDEXへ戻る



  





     2017年 3月    昼 月     高 野 ムツオ


    青 森 行 や ま び こ 号 に 冬 の 蚊 と
    ダイナマイトボディ朝日に氷る川
    冬 晴 の 骨 を 鳴 ら し て 洗 濯 屋
    蔵 の 罅 丸 餅 の 罅 夕 日 差 す
    大 鴉 鳴 い て は 雪 を 降 ら し め る
    雀 に は 謂 れ 無 き 名 や 初 雀
    風 花 は 海 境 越 え て 来 る 声 か
    放 蕩 の 果 昼 月 の 氷 り お り



     2017年 2月    野の光     高 野 ムツオ


    秋 の 風 旦 過 市 場 の 喉 元 を
    竈 馬 ら も 来 よ 芥 箱 で 饗 宴 す
    秋 の 蚊 や 人 よ り 牛 を 恋 し が り
    迷ってはおらず夜葛が這って来る
    土 龍 に も 眼 は 二 つ 月 上 る
    抱き寝るならばチェシャ猫雨の月
    錦 秋 や 髪 膚 も 終 は 廃 棄 物
    浮かべ呑むならば菊より悪の華
    永 遠 に 動 き 出 す 前 菊 人 形
    古酒一盞月光満ちて来るごとし
    尻 餅 の よ う な 円 墳 冬 日 和
    芭蕉蕪村一茶も死にし冬来たる
    葉 を 脱 ぎ し の ち は 火 の 鳥 冬 欅
    冬 紅 葉 五 臓 六 腑 の 重 み あ り
    小 紋 紬 更 紗 と な り て 夜 の 落 葉
    枯 葉 降 る 星 降 る 放 射 能 も 降 る
    雪 来 る と 子 規 全 集 の 軋 み 出 す
    冬 の 星 鼻 の 先 よ り 殖 え て い く
    荒 脛 巾 神 の 片 目 か 初 星 は
    お 降 り の 雪 に 籠 れ り 荒 脛 巾
    手 鞠 歌 盛 土 の 下 の 三 和 土 よ り
    初 夢 か 廃 炉 の 後 の 野 の 光
    行 方 不 明 遺 体 へ 届 け 寒 月 光
    餅 の 花 が 揺 れ る 海 光 囃 す た び
    銀 嶺 と な る 途 中 な り 肩 を 組 み
    生
の 角 や 雪 降 る 吾 妻 山
    魔 鬼 山 は 今 朝 雪 化 粧 瞼 伏 せ
    峡湾は魔鬼女の陰ぞまた吹雪く
    老 眼 と な り て 見 え 出 す 冬 銀 河
    我 が 屍 捨 て よ 狼 葬 あ ら ば



     2017年 1月    残る虫     高 野 ムツオ


    秋 風 に 如 か ず い か な る 名 文 も

    秋 風 や 峨 峨 と 鯨 の 竜 田 揚

    放 射 能 雌 伏 す 月 の 湖 底 に て

    部屋の灯を消せば十五夜残りたる

    穢 土 浄 土 虫 に な け れ ど 虫 浄 土

    金 銀 瑠 璃 玻 璃 の 雨 粒 残 る 虫

    黄 葉 し て 全 知 全 能 銀 杏 の 木

    伏 せ て あ る 茶 碗 の 中 も 星 月 夜

    コ ス モ ス は 疾 駆 す る 花 丑 三 は





パソコン上表記出来ない文字は書き換えています
  copyright(C) kogumaza All rights reserved