小 熊 座 2019  高野ムツオ  (小熊座掲載中)
TOPへ戻る  INDEXへ戻る

 




     2019年 3月   雪の精    高 野 ムツオ


    父の咳家も家霊も軋み出す

    近眼の我はもとより冬の蠅

    消えてなおテレビ画面に降る落葉

    狼が走れば空を落葉らも

    蛇眠る土の大陰唇となり

    冷凍の牛・豚・鶏と年を越す

    亡き白鳥呼ぶ白鳥も去年今年

    浦ありて津あり廃船雪の下

    枯蘆は生きているゆえ陽に揺れる

    枯蘆が夕日を吸つて根を伸ばす

    雪嶺を見し眼を玉として眠る

    昼間見し雪嶺が顕つ枕上

    雪国の靴にて丸の内の闇

    迦具土の鬼哭霜夜の炉心より

    人造湖より蛇口へと寒の水

    寒蜆目鼻がありて口ひらく

    剥き出しであり原子炉も寒星も

    北冥の鯤より鮃跋扈せり

    切株に渦巻く落葉鬼房忌

    東京に山谷がありて雪の精



     2019年 2月   雪 後    高 野 ムツオ


      
羽黒山
    山伏と酌む開闢の濁り酒

    仙台白菜幾層幾重に津波敷き

    下一栗字荒脛巾冬日差

    干栗を噛んで廃炉を待つとする

    消えてより綿虫の声聞こえ出す

    裸木となりて見え出す根の力

    冬の絮蒲公英こそが宇宙船

    柴漬の小海老に星がまた着信

    花と湧く赤子の声や時雨宿

    赤藻屑は湾の陰毛潮垂らし

    少年に触れられ冬木匂い出す

    狐火に遅れスマートフオン点る

    霜の夜の楽天市場また余震

    追焚の年湯に目鼻のみを出し

    流氓にして一本の牛蒡注連

    人に初日馬には馬頭観世音

    読初の迷宮に入り一眠り

    歯の間に雑煮の芋茎日が翳る

    銭湯の絵が極上や初富士は

    初旅は海へよれよれ切符手に

    寒雁の天華の声を額もて

    見えぬ手を繋ぎ雪後を鶸の群



     2019年 1月   大 扉    高 野 ムツオ


    津波かぶり怒濤をかぶり小浜菊

    赤とんぼ怒濤に翅を浮かべる日

    どれも足揃えて雨の死人花

    心臓に再稼働なし星月夜

    虫の夜の鼓膜のような大扉

    月明の滅びの仲間海坊主

    この頃は不知火汚染土置場にも

    野葡萄や被曝の村の歌声す

    我もまた震災遺構冬に入る

    怒濤音冬蒲公英に来て止る

    手帳にのみ歳月残り冬の雨

    山巓に星を打ち付け冬の虫

    腰紐によき狐火が向こうから

    被曝牧草ロール冬日に肥大化し

    青空と翅のみ残し冬蜻蛉

    初冠雪口中を唾あふれ出す

    酢牡蠣これすべて内臓舌で吸う

    人の波尽きて凍れるマンホール

    息白しゴジラの息はより白し

    枯野より金子兜太の寝息する

    枯蘆の魂振り終えしのちの星

    手触りは樹海のごとし熊の皮





パソコン上表記出来ない文字は書き換えています
  copyright(C) kogumaza All rights reserved