小 熊 座 2021  高野ムツオ  (小熊座掲載中)
TOPへ戻る  INDEXへ戻る




     2021年 6月   寒夕焼    高 野 ムツオ


    科学の子寒夕焼に四散せり

    雪積んで制御不能の世を生きる

    詩に淫し炉心溶融する雪夜

    被曝して切株雪を吸つている

    皹の指を噴き出す血もマグマ

    氷る夜を疾駆す相馬焼の馬

    罅割れしマリアか氷りたる捨田

    汚染され剝がされる田やその痛み

    寒星の全電源の途絶える日



     2021年 5月   寒 流    高 野 ムツオ


    陰毛も炉火も手をもて覆うべし

    棒アイスキヤンデイであり凍土壁

    肋骨ばかりなれども初山河

    初日待つ永久に災禍の蘆として

    デブリまだ岩戸の奥や大旦

    蓬莱に乗りそこねたるデブリかな

    水洟を垂らした神でなくデブリ

    汚染水タンク千体屠蘇こぼす

    寒流が汚染の水を抱きに来る



     2021年 4月   防護服    高 野 ムツオ


    自販機を聖夜の燈とす双葉町

    冬の闇線量計のみ生きている

    原発敷地冬木の桜道ありき

    原発にコンビニありて水を売る

    冬帝の使者なり廃炉作業員

    冬青空包めり防護服脱げば

    凩や衣服の果てに防護服

    フクイチは遺体ではなし大冬日

    寒潮の原子炉死後の絶景に



     2021年 3月   霜 柱    高 野 ムツオ


    この世とはあふれ出るもの寒の水

    寒星が露頭に応えぞろぞろと

    寒星の音立て燻り沢庵嚙む

    寒晴の何処に消えし蒙古斑

    狼の護符より冬日無尽蔵

    狼の飢渇を忘れてはならぬ

    霜の声いや狼の声である

    桃の木の筋骨広げ霜に立つ

    浪江焼蕎麦歯に抗つて動くなり

    遺構にはならぬと霜の校舎あり

    冬木の桜並木白髪三千丈

    津軽乙女被曝の猪の糞を嗅ぐ

    とく見よと霜をも被り被曝牛

    被曝牛被曝の泥に踏張れる

    ぬるぬるでつやつや被曝牛の糞

    あきらかにあれは白息被曝牛

    全地球よりも棄牛の全体重

    霜柱牛にもとより墓場なし



     2021年 2月   塩 引    高 野 ムツオ












     2021年 5月   寒 流    高 野 ムツオ


    陰毛も炉火も手をもて覆うべし

    棒アイスキヤンデイであり凍土壁

    肋骨ばかりなれども初山河

    初日待つ永久に災禍の蘆として

    デブリまだ岩戸の奥や大旦

    蓬莱に乗りそこねたるデブリかな

    水洟を垂らした神でなくデブリ

    汚染水タンク千体屠蘇こぼす

    寒流が汚染の水を抱きに来る



     2021年 4月   防護服    高 野 ムツオ


    自販機を聖夜の燈とす双葉町

    冬の闇線量計のみ生きている

    原発敷地冬木の桜道ありき

    原発にコンビニありて水を売る

    冬帝の使者なり廃炉作業員

    冬青空包めり防護服脱げば

    凩や衣服の果てに防護服

    フクイチは遺体ではなし大冬日

    寒潮の原子炉死後の絶景に



     2021年 3月   霜 柱    高 野 ムツオ


    この世とはあふれ出るもの寒の水

    寒星が露頭に応えぞろぞろと

    寒星の音立て燻り沢庵嚙む

    寒晴の何処に消えし蒙古斑

    狼の護符より冬日無尽蔵

    狼の飢渇を忘れてはならぬ

    霜の声いや狼の声である

    桃の木の筋骨広げ霜に立つ

    浪江焼蕎麦歯に抗つて動くなり

    遺構にはならぬと霜の校舎あり

    冬木の桜並木白髪三千丈

    津軽乙女被曝の猪の糞を嗅ぐ

    とく見よと霜をも被り被曝牛

    被曝牛被曝の泥に踏張れる

    ぬるぬるでつやつや被曝牛の糞

    あきらかにあれは白息被曝牛

    全地球よりも棄牛の全体重

    霜柱牛にもとより墓場なし



     2021年 2月   塩 引    高 野 ムツオ












     2021年 5月   寒 流    高 野 ムツオ


    陰毛も炉火も手をもて覆うべし

    棒アイスキヤンデイであり凍土壁

    肋骨ばかりなれども初山河

    初日待つ永久に災禍の蘆として

    デブリまだ岩戸の奥や大旦

    蓬莱に乗りそこねたるデブリかな

    水洟を垂らした神でなくデブリ

    汚染水タンク千体屠蘇こぼす

    寒流が汚染の水を抱きに来る



     2021年 4月   防護服    高 野 ムツオ


    自販機を聖夜の燈とす双葉町

    冬の闇線量計のみ生きている

    原発敷地冬木の桜道ありき

    原発にコンビニありて水を売る

    冬帝の使者なり廃炉作業員

    冬青空包めり防護服脱げば

    凩や衣服の果てに防護服

    フクイチは遺体ではなし大冬日

    寒潮の原子炉死後の絶景に



     2021年 3月   霜 柱    高 野 ムツオ


    この世とはあふれ出るもの寒の水

    寒星が露頭に応えぞろぞろと

    寒星の音立て燻り沢庵嚙む

    寒晴の何処に消えし蒙古斑

    狼の護符より冬日無尽蔵

    狼の飢渇を忘れてはならぬ

    霜の声いや狼の声である

    桃の木の筋骨広げ霜に立つ

    浪江焼蕎麦歯に抗つて動くなり

    遺構にはならぬと霜の校舎あり

    冬木の桜並木白髪三千丈

    津軽乙女被曝の猪の糞を嗅ぐ

    とく見よと霜をも被り被曝牛

    被曝牛被曝の泥に踏張れる

    ぬるぬるでつやつや被曝牛の糞

    あきらかにあれは白息被曝牛

    全地球よりも棄牛の全体重

    霜柱牛にもとより墓場なし



     2021年 2月   塩 引    高 野 ムツオ


    みちのくの真乙女蚯蚓落葉より

    竪穴へ女人三人霜日和

    環状列石から雪嶺へ一跨ぎ

    落葉渦夜は星渦聖塚

    雲一つなきと冬木が語り出す

    東西自由地下道われも落葉なり

    星雲がたしかに父の外套に

    枯蘆は行方不明者夕日に立つ

    白鳥は眠れる燠火去年今年

    大津波生れし方より初日影

    覆面を日常として初日受く

    渾身で氷る雑巾その淑気

    お降りや埋立てられし瓦礫にも

    お降りの雪積み辺土広がれる

    震災遺構校舎わけても米こぼす

    まだ胞衣に首を傾げ福寿草

    盃の底に鶴舞う俘虜の国

    今もなお俘囚ぞ燻りがつこ嚙む

    遂にまみえぬものに小熊座流星群

    塩引の皮最後まで歯に抗す

    白鳥の真裸の声雪の底

    白鳥の声に応えてまたも雪

    偸生の禿頭を越え大白鳥

    雪の降る街の逢瀬は夜見にもあり

    京を恋う千枚漬に雪が降る

    被曝せし赤子のごとし雪の山

    大震災十年後へと雪吹き込む

    落命また楽しからずや垂り雪

    通う血がありて凍れる銀杏の木

    水仙や地下のマグマも再稼働



     2021年 1月   寒 濤    高 野 ムツオ


    白鳥の声を枕に去年今年

    熱過ぎる震災十年後の雑煮

    黄泉なれば浮名もよけれ冬の月

    指差せば寒星怒り光増す

    寒を生くウイルス怖れ人怖れ

    縄文のままの大脳寒燈下

    千里も一里なりと寒濤立上がる

    廃線レール寒月光に曲り出す

    弾けたる輪ゴムの如し寒雀

    狼声の途絶えしのちの星の数

   
パソコン上表記出来ない文字は書き換えています
  copyright(C) kogumaza All rights reserved