小 熊 座 俳誌  小熊座
  高野ムツオ  佐 藤 鬼 房 俳誌・小熊座 句集銀河星雲   小熊座イベント お知らせ リ ン ク  TOPへ戻る
 
    

     


     
  鬼房の秀作を読む  


 小熊座2010年10月号から、新しい企画として、「鬼房の秀

作を読む」を掲載します。

 毎回、鬼房秀句を取り上げ、外部と結社内からそれぞれ

お一人に鑑賞を寄せていただきます。


夏病みの狼となり夜を尿る 『名もなき日夜』 昭和26年刊行

空つぽの郵便受に蝸牛  『鳥 食』 昭和52年刊行

頬杖を解く冬至粥食はんため  『鳥 食』 昭和52年刊行

釡神の裏側の夏棲みよけれ 『瀬 頭』 平成4年刊行

首根つこ抑へて息をつぐ晩夏 『瀬 頭』 平成4年刊行

潮ぬめる路地に燈がさし羽蟻とぶ 『海 溝』 昭和39年刊行

水鳥のその思ひ羽を初夢に 『枯 峠』 平成10年刊行

おろかゆゑおのれを愛す桐の花 『瀬 頭』 平成4年刊所収

不死男忌や時計ばかりがコチコチと
                      『愛痛きまで』平成13年刊行


日向ぼこしており夢の靺鞨で 『瀬 頭』 平成4年刊行

わが晩夏どろの木に火の鳥を懸け『朝の日』 昭和55年刊行

菜の花を食ひすぎて脳毀れたる 『霜の聲』 平成7年刊行

かさぶたの戦後老いたる櫓のしきり『鹹き手』 平成7年刊行

薄目あけががんぼに付き合ってゐる
                      『愛痛きまで』平成13年刊行


地より湧く蛍火なりき胸苦し 『霜の聲』 平成7年刊行

暑き夜の惡魔がをはづしゐる『愛痛きまで』平成13年刊行

宮城野の萩の下葉に死後も待つ『愛痛きまで』平成13年刊行

鬼貫の齢を生きて門火焚く 『愛痛きまで』平成13年刊行

きさらぎの満月であるホームレス『愛痛きまで』平成13年刊行

戦こばみ続けて眼窩だけ残る 『愛痛きまで』 平成13年刊行

大寒のすだま寄り添ふ寝入り端
                     『愛痛きまで』 平成13年刊行


孤狼として死ぬほかはなし病む晩夏
                     『愛痛きまで』 平成13年刊行


鶯やわれのみならず藪ごのみ 『半跏坐』 平成元年刊行

芭蕉似は弱きはらわた冬紅葉 『瀬 頭』 平成4年刊行

不死男忌や時計ばかりがコチコチと
                     『愛痛きまで』 平成13年刊行

寒食の真似事なれど涙出づ 『幻夢』 平成16年刊行

人買が来る熟れ麦の夜風負ひ  『何処へ』 昭和59年刊行

年立つて耳順ぞ何に殉ずべき 『朝の日』 昭和55年刊行

死が見えて死後が見えざる黴の夜 『鳥 食』 昭和52年刊行

妄想を懐いて明日も春を待つ 『幻夢』 平成16年刊行

夕鵙や遠きは遠く思ふのみ 『何処へ』 昭和59年刊行

ものわかりよくて不実や泥鰌鍋 『瀬 頭』 平成4年刊行

除夜の湯に有難くなりそこねたる 『瀬 頭』 平成4年刊行

魚臭き母帰り来て粗朶を燃す 『枯 峠』 平成10年刊行

翅を欠き大いなる死へ急ぐ蟻 『幻夢』 平成16年刊行

縄文の漁が見ゆ藻屑の火 『霜の聲』 平成7年刊行

むきだしの岩になりたや雷雨浴び 『枯 峠』 平成10年刊行

蟻地獄ほどの窪みに睡り落つ 『地 楡』 昭和50年刊行

吾のみの弔旗を胸に畑を打つ『名もなき日夜』 昭和26年刊行

生きてまぐはふきさらぎの望の夜 『朝の日』 昭和55年刊行

パセリ嚙む蓬髪の眼は充血し 『夜の崖』 昭和30年刊行

潮びたる陰毛流失感兆す 『海 溝』 昭和39年刊行

この世にて桐の残花の日暮見ゆ 『半跏坐』 平成元年刊行

金借りて冬本郷の坂くだる 『名もなき日夜』 昭和26年刊行

新月や蛸壺に目が生える頃  『何処へ』 昭和59年刊行

もし泣くとすれば火男頬かむり 『潮海』 昭和58年刊行

冬山が抱く没日よ魚売る母 『夜の崖』 昭和30年刊行

あてもなく雪形の蝶探しに行く 『枯峠』 平成10年刊行

蝦蟇よわれ混沌として存へん 『枯峠』 平成10年刊行

佐保姫の裳裾の沖を遠眺め 『半跏坐』 平成元年刊行

胸に扉がいくつもありて土用波 『半跏坐』 平成元年刊行

もしかして俺は善知鳥のなれのはて 『枯峠』 平成10年刊行

鉛筆を握りて蝶の夢を見る   『幻夢』 平成16年刊行

夏草に糞まるここに家たてんか
                    『名もなき日夜』 昭和26年刊行

綾取の橋が崩れる雪催  『何処へ』 昭和59年刊行

鳥食のわが呼吸音油照り  『鳥 食』 昭和52年刊行

むささびの夜がたりの父わが胸に
                    『名もなき日夜』 昭和26年刊行

またの世は旅の花火師命懸  『愛痛きまで』 平成13年刊行

秘仏とは女体なるべし稲の花 『霜の声』 平成7年刊行

のこされし二本の脛とたそがれと
                    『名もなき日夜』 昭和26年刊行

生きて食ふ一粒の飯美しき 『名もなき日夜』 昭和26年刊行

鶺鴒の一瞬われに岩のこる 『夜の崖』 昭和30年刊行

恋に死ぬことが出来るか枯柏 『枯 峠』 平成10年刊行

帰りなん春曙の胎内へ 『枯 峠』 平成10年刊行

雪兎雪被て見えずなりにけり 『半跏坐』 平成元年刊行

半跏坐の内なる吾や五月闇 『半跏坐』 平成元年刊行

馬の目に雪ふり湾をひたぬらす 『海 溝』 昭和39年刊行

海嶺はわが栖なり霜の聲 『霜の』 平成7年刊行

北冥ニ魚アリ盲ヒ死齢越ユ 『枯 峠』 平成10年刊行

吐瀉のたび身内をミカドアゲハ過ぐ 『鳥 食』 昭和52年刊行

いつの世の修羅とも知れず春みぞれ
                     『愛痛きまで』 平成13年刊行

吾にとどかぬ沙漠で靴を縫ふ妻よ 『海 溝』 昭和39年刊行

鳥帰る無辺の光追ひながら 『瀬 頭』 平成4年刊行

胸ふかく鶴は栖めりきKaoKaoと『名もなき日夜』昭和26年刊行

女児の手に海の小石も睡りたる 『海 溝』 昭和39年刊行

やませ来るいたちのやうにしなやかに『瀬頭』平成4年刊行

毛皮はぐ日中桜満開に 『名もなき日夜』 昭和26年刊行

長距離寝台列車のスパークを浴び白長須鯨
                       『瀬 頭』 平成4年刊行

ひばり野に父なる額うちわられ 『地 楡』 昭和50年刊行

壮麗の残党であれ遠山火 『半跏坐』 平成元年刊行

みちのくは底知れぬ国大熊生く 『瀬 頭』 平成4年刊行

陰に生る麦尊けれ青山河 『地 楡』 昭和50年刊行

齢来て娶るや寒き夜の崖 『夜の崖』 昭和30年刊行

切株があり愚直の斧があり 『名もなき日夜』 昭和26年刊行

縄とびの寒暮いたみし馬車通る 『夜の崖』 昭和30年刊行




                 
  徘徊漫歩 

  1 鬼房宅訪問       2014/1    
  2 「小熊座」の創刊    2014/2
  3 鬼房俳句の解説者   2014/3

  4 鬼房の第八句集「何処へ」
                    2014/4

  5 鬼房自らの俳句を語る 2014/5
  6 鬼房の作句法      2014/6
  7 ネオリアリズム      2014/7
  8 小熊座創刊一周年   2014/8
  9 鬼房の大手術       2014/9
  10 実存主義         2014/10   
  11 詩語の開拓       2014/11   
   12 俳句尽忠         2014/12
  13 栗林千津         2015/1
  14 術後のおでん      2015/2
  15 鬼房の書         2015/3
  16 独学のすすめ      2015/4
  17 鬼房語録「咬ませ犬」 2015/5
  18 鬼房俳句と詩     2015/6
  19 黒田喜夫        2015/7
  20 涌谷の鬼房句碑    2015/8
  21 弱者の視点       2015/9
  22 ヒューマニズム     2015/10
  23 前衛意識        2015/11
  24 鬼房の「姉」の句   2015/12
  25 狐が大好き (完)  2016/1
     
 
                          パソコン上表記出来ない文字は書き換えています
                     copyright(C) kogumaza All rights reserved