小 熊 座 俳誌  小熊座
  高野ムツオ  佐藤 鬼房 俳誌・小熊座 句集銀河星雲  小熊座イベント お知らせ リ ン ク TOPへ戻る
 


   
 小熊座購読へリンク 

      


   
  小熊座俳句時評 


2017年10月 389号 「戦争・平和」に向き合う視座
                        
について  武良竜彦

2017年 8月 387号 俳句のテーマ詠(時事詠)の進化
                         を願って  武良竜彦

2017年 6月 385号  『いま、兜太は』に学ぶこと
                               武良竜彦

2017年 5月 384号 震災詠を問い直す(1) 千倉由穂

2017年 4月 383号  佐藤鬼房顕彰全国俳句大会
      「鬼房俳句の軽みについて」に寄せて  宇井十間


2017年 3月 382号  続・文学的主題詠の可能性
             −齋藤愼爾句集『陸沈』  武良竜彦


2017年 2月 381号 時代を捉えてゆくこと 千倉由穂

2017年 1月 380号 林田紀音夫  矢本大雪


2016年12月 379号
      終わらない俳句の終わらない日常  宇井十間


2016年11月 378号 袰月村  矢本大雪

2016年10月 377号 
 文学的主題詠の可能性−松下カロ『白鳥句集』  武良竜彦


2016年 9月 376号 一つの対談から  渡辺誠一郎

2016年 8月 375号 忘却について  宇井十間

2016年 7月 374号 再び定型を考える  矢本大雪


2016年 6月 373号 松下カロ評論に学ぶ「俳句とは何か」 −「震災詠」問題番外編  武良竜彦


2016年 5月 372号 鬼房俳句と戦争について 宇井十間

2016年 4月 371号 二冊の新刊から  渡辺誠一郎


2016年 3月 370号 定型を考える  矢本大雪


2016年 2月 369号 改めて問う「震災詠」問題(2)
                                      武良竜彦


2016年 1月 368号 草木塔に思うこと  渡辺誠一郎

2015年12月 367号 この一年  矢本大雪

2015年11月 366号 ポスト造型論についての覚書3
                                      宇井十間


2015年10月 365号 戦後七十年−短詩型総合雑誌
                から   渡辺誠一郎


2015年 9月 364号 改めて問う「震災詠」問題
                                      武良竜彦


2015年 8月 363号 芭蕉を読む 矢本大雪


2015年 7月 362号 ポスト造型論についての覚書2
                                      宇井十間


2015年 6月 361号 齋藤愼爾句集が現代俳句
                に問うもの 武良竜彦


2015年 5月 360号 現代俳句にとって諧謔とは何か
                                      武良竜彦


2015年 4月 359号 高校生と俳句 矢本大雪


2015年 3月 358号 俳句甲子園の行方 宇井十間


2015年 2月 357号 現代俳句はいま「困難」では
                     ないのか 武良竜彦



2015年 1月 356号 『昭和俳句作品年表(戦前・戦中                 篇)』の刊行   渡辺誠一郎


2014年12月 355号 モンタージュ 矢本大雪

2014年11月 354号 「文学者の戦争責任」論で何を
                      問うのか 武良竜彦

2014年10月 353号 クール・ジャパン 大場鬼怒多

2014年 9月 352号 清明な世界『桂信子全集』
                                       渡辺誠一郎


2014年 8月 351号 取り合わせ 矢本大雪


2014年 7月 350号 「終戦・敗戦」という言葉を巡って
                         武良竜彦

2014年 6月 349号 写生論 大場鬼怒多


2014年 4月 347号 詩人の俳句 矢本大雪


2014年 3月 346号 「観念」の冷徹さと
                  持ちきれない重さと 武良竜彦


2014年 2月 345号 若者たちの場 大場鬼怒多

2014年 1月 344号 戦時下の『仙台郷土句帖』
                                   渡辺誠一郎

2013年12月 343号 『異執』の世界 矢本大雪

2013年11月 342号 昼の洋燈(ランプ) 武良竜彦


2013年10月 341号 『余白の祭』から 渡辺誠一郎

2013年 9月 340号 時評で時代を捉える 渡辺誠一郎

2013年 8月 339号 窓秋の頭の中で 矢本大雪

2013年 7月 338号 詩歌のちから 大場鬼奴多

2013年 6月 337号 最期の一句の重たさと軽さ
                            渡辺誠一郎

2013年 5月 336号 子規の見たみちのく 渡辺誠一郎

2013年 4月 335号 フォルム、高柳重信の場合
                             矢本大雪

2013年 3月 334号 俳句学習の可能性 大場鬼奴多

2013年 2月 333号 北上で考えたこと 渡辺誠一郎

2013年 1月 332号 一冊の全句集から思うこと
                             
渡辺誠一郎
2012年12月 331号 多行俳句を考える 矢本大雪

2012年11月 330号 もののあはれ 大場鬼奴多

2012年10月 329号 よみがえる三橋敏雄 渡辺誠一郎


2012年 9月 328号 俳句と生きること 渡辺誠一郎

2012年 8月 327号 『俳コレ』と若き作家たち 矢本大雪

2012年 7月 326号 プロジェクト・アマテラス 大場鬼奴多

2012年 6月 325号 一冊の句集から 渡辺誠一郎

2012年 5月 324号 モンタージュと鬼房 矢本大雪


2012年 4月 323号 ことのは311 大場鬼奴多

2012年 3月 322号 大震災一年目が過ぎ、あらためて                思うこと 渡辺誠一郎

2012年 2月 321号 惟然を想う 渡辺誠一郎


2012年 1月 320号 芭蕉、遁走す  矢本大雪


2011年12月 319号 碧梧桐俳句集 大場鬼奴多

2011年11月 318号 俳人は歌を忘れたカナリアに
                なるのか 渡辺誠一郎

2011年10月 317号 雑誌の終刊は次の時代を
                予告するか 渡辺誠一郎


2011年 9月 316号 座と俳句  矢本大雪

2011年 8月 315号 天然の無常 大場鬼奴多

2011年 7月 314号 ふたたび大震災に想う 渡辺誠一郎

2011年 6月 313号 大震災に想う  渡辺誠一郎

2011年 5月 312号 とりあえず季語 
矢本大雪

2011年 4月 311号 蘆の言葉 大場鬼奴多


2011年 3月 310号 世外が表舞台になるとき渡辺誠一郎

2011年 2月 309号 紀行文としての『おくのほそ道』
                                 渡辺誠一郎

2011年 1月 308号 詩人と俳句 −宗左近−
矢本大雪

2010年10月 305号 超高齢社会の果てに 渡辺誠一郎


2010年 9月 304号 子規と俳句分類
 矢本大雪

2010年 8月 303号 受賞者の言葉 大場鬼奴多


2010年 7月 302号 季節との距離感 佐藤成之


2010年 6月 301号 二つの賞から 渡辺誠一郎

2010年 5月 300号 鈴木しづ子 矢本大雪

2010年 4月 299号 ねじめ正一的こころ 大場鬼奴多


2010年 3月 298号 芸術記号としての俳句 佐藤成之

2010年 2月 297号 『新撰21』の行方
 渡辺誠一郎

2010年 1月 296号 添 削
 矢本大雪

2009年12月 295号 寺田寅彦的俳句論 大場鬼奴多

2009年11月 294号 思考する俳句 佐藤成之

2009年10月 293号 世代論の陥穽 渡辺誠一郎

2009年 7月 290号 先達の教え 佐藤成之

2009年 6月 289号 虚子のこととあべかんのこと
                                 渡辺誠一郎

2008年10月 281号 無名彼方に行く前に 渡辺誠一郎

2007年12月 271号 世界俳句下上)宇井十間

2007年11月 270号 世界俳句(上)宇井十間

2007年9月 268号 俳句写生 矢本大雪

2007年7月 266号 記号論と意味論 大場鬼奴多

2007年6月 265号 俳句とニホン語・村山半信

2007年2月 261号 俳句とニホン語・村山半信






当月佳作抄  特別作品  好句鑑賞
   高野ムツオ
2017/10  2017/10  2017/10 
2017/9  2017/9  2017/9 
2017/8  2017/8  2017/8 
2017/7  2017/7  2017/7 
2017/6  2017/6  2017/6 
2017/5  2017/5  2017/5 
2017/4 2017/4  2017/4
2017/3 2017/3  2017/3
2017/2 2017/2  2017/2
2017/1 2017/1  2017/1
2016/12 2016/12  2016/12
2016/11 2016/11  2016/11
2016/10 2016/10  2016/10
2016/9 2016/9  2016/9
2016/8 2016/8  2016/8
2016/7 2016/7  2016/7
2016/6 2016/6  2016/6
2016/5 2016/5  2016/5
2016/4 2016/4  2016/4
2016/3 2016/3  2016/3
2016/2 2016/2  2016/2
2016/1 2016/1  2016/1
2015/12 2015/12  2015/12
2015/11 2015/11  2015/11
2015/10 2015/10  2015/10
2015/9 2015/9  2015/9
2015/8 2015/8  2015/8
2015/7 2015/7  2015/7
2015/6 2015/6  2015/6
2015/5 2015/5  2015/5
2015/4 2015/4  2015/4
2015/3 2015/3 2015/3
2015/2  2015/2  2015/2 
2015/1 2015/1 2015/1
2014/12 2014/12  2014/12 
2014/11  2014/11  2014/11 
2014/10  2014/10  2014/10 
2014/9 2014/9 2014/9
2014/8 2014/8 2014/8
2014/7 2014/7 2014/7
2014/6  2014/6  2014/6 
2014/5 2014/5  2014/5 
2014/4  2014/4  2014/4 
2014/3  2014/3  2014/3 
2014/2  2014/2  2014/2 
2014/1 2014/1 2014/1 
2013/12    − 2013/12
2013/11 2013/11 2013/11
2013/10 2013/10 2013/10
2013/9 2013/9 2013/9
2013/8 2013/8  2013/8 
2013/7 2013/7 2013/7
2013/6 2013/6 2013/6
2013/5 2013/5 2013/5
2013/4 2013/4 2013/4
2013/3 2013/3 2013/3
2013/2 2013/2 2013/2
2013/1 2013/1 2013/1
2012/12 2012/12 2012/12
2012/11 2012/11 2012/11
2012/10 2012/10 2012/10
2012/9 2012/9 2012/9
2012/8 2012/8 2012/8
2012/7 2012/7 2012/7
2012/6 2012/6 2012/6
2012/5 2012/5 2012/5
2012/4 2012/4 2012/4
2012/3 2012/3 2012/3
2012/2 2012/2 2012/2
2012/1 2012/1 2012/1
2011/12 2011/12 2011/12
2011/11 2011/11 2011/11
2011/10 2011/10 2011/10
2011/9 2011/9 2011/9
2011/8 2011/8 2011/8
2011/7 2011/7 2011/7
2011/6 2011/6 2011/6
2011/5 2011/5 2011/5
2011/4 2011/4 2011/4
2011/3 2011/3 2011/3
2011/2 2011/2 2011/2
2011/1 2011/1 2011/1
2010/12 2010/12 2010/12
2010/11 2010/11 2010/11
2010/10 2010/10 2010/10
2010/9 2010/9 2010/9
2010/8 2010/8 2010/8
2010/7 2010/7 2010/7
2010/6 2010/6 2010/6
2010/5 2010/5 2010/5
2010/4 2010/4 2010/4
2010/3 2010/3 2010/3
2010/2 2010/2 2010/2
2010/1 2010/1 2010/1
2009/12 2009/12 2009/12
2009/11 2009/11 2009/11
2009/10 2009/10 2009/10
2009/9 2009/9 2009/9
2009/8 2009/8 2009/8
2009/7 2009/7 2009/7
2009/6 2009/6 2009/6
2009/5 2009/5 2009/5
2009/4 2009/4 2009/4
2009/3 2009/3 2009/3
2009/2 2009/2 2009/2  
2008/12 2008/12 2008/12
2008/11 2008/11 2008/11
2008/10 2008/10 2008/10
2008/9 2008/9 2008/9
2008/8 2008/8 2008/8
2008/7 2008/7 2008/7
2008/6 2008/6 2008/6
2008/5 2008/5 2008/5
2008/4 2008/4 2008/4


      
 
                          パソコン上表記出来ない文字は書き換えています
                     copyright(C) kogumaza All rights reserved